マット・コリリアーノ マイソールWS1日目

今日と明日はマット・コリリアーノのマイソールWSへ。

マットとは初めて会ったけど、やはりアシュタンガをやってるだけあって、ガッチリした体格をしているし、想像より背が高かった。

前の時間の生徒さんがいたからだろうか、スタジオの中の熱気が凄くて、「スリヤ・ナマスカーラ」を数回こなした時点でもう汗が出てきた。
最近汗出なかったから、これはしめたもの。

「プラサリータC」ではお約束のアジャストが入って5呼吸していたら、左肩から変な音がして、ちょっと驚いたけど、別になんともなくて。
肩関節の可動域が増した、、、のだったら嬉しいのだが。

今日はとても快調で、スタンディングをサクサクやれて、あっという間にシッティングへ。

「パッシモッターナサナ」でアジャストが来たけど、普段のスティーブンのアジャストとは若干違って、上から乗っかって来るのではなくて、首筋と肩甲骨の辺りをグイって押すようなアジャスト。
これだけでも普段と同じような前屈が出来るし、しかも気持ち良い。

なんか腕の良い指圧を受けているような感じで、体も喜んでいるのが分かる(笑)。

さて苦手の「マリーチC」。もうジャンプスルーした時点でマットが近づいてきていた。やはり分かるか(笑)。
スティーブンとほとんど同じようなアジャストしてくれて、左右ともにグイグイ捻る、捻る。

「マリーチD」も一緒にやったけど、これはまだまだ腕が巻きつくところまで行かない。
マットも「まあゆっくりやろうね」って言ってたし。

今日はジャンプスルーが珍しく快調で、何度かお尻から着地して足が抜けた。

「ブジャピ」は今までで一番マットから足を浮かせられた気がする。そこから額つけたら足付いてしまったが。

「スプタクルマ」までやって、さっさとバックベンドを3回して後ろに下がったら、マットがドロップバックやらないのか聞いてきた。
普段教わっている先生からまだ早いって言われているから、、、と伝えたら、「じゃあ僕と一緒に普通のバックベンド3回やろう」って。

1回目は自分だけ、2回目はマットが肩甲骨を持ち上げて、3回目は足の付け根のところを持って「ここを押して!」って。

フィニッシングは一人でやったけど、後からヘッドバランス忘れたのを思い出した。

シャバーサナから起き上がったら、とても充実感が。まさにこれこそヨガ、という気がするね。
2010年最初の練習はとても充実していたと思う。なんだか幸先良い感じか?

広告

コメントする

カテゴリー: Mysore Class, Workshop

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください