日別アーカイブ: 2月 20, 2016

マリーチDとプライマリーシリーズについて、個人的雑感

このブログ結構読んでくださっている方が居るようで、何ともうれしい限り。

検索ワードで「マリーチD」が多いのだけど、プライマリーシリーズを練習するに際しての皆さんの一番のハードルはマリーチDとスプタクルマだと思う。よっぽど手足が長い人なら簡単にできちゃうみたいだけどね。

最近ようやくマリーチDが両側出来るようになった自分は偉そうなことは言えないのだけど、マリーチDに限らず出来ないポーズはそれまでのポーズを淡々と練習するしかないと思う。体は急には変わらないってキエさんが良く言ってた。本当にその通り。手足が長くない人は特にそう。

以前マリーチDが出来なくて、とある先生に相談したら「マリーチDをやれるようになるには、マリーチCで手首取れないと無理」って言われたけど、そんなことはなかった。ただ、マリーチCで相当捩じれるようにならないとマリーチDは出来ないとは思う。そしてマリーチDはマリーチBの捩じりなので、マリーチBもしっかりやれてることが必要。

マリーチDとスプタクルマはプライマリーシリーズの特徴をよく表していると思う。個人的にはプライマリーシリーズはひたすらジャンプを繰り返し、形を変えた前屈を繰り返してハムストリングスを伸ばして、股関節を開くことが目的になってると思ってる。

股関節が開いてくればマリーチDの準備は出来るし、マリーチDで腕の回し方を理解出来ればスプタクルマで背中で指繋げることに連結してる。股関節が開いてハムストリングスが伸びてくればクルマーサナとスプタクルマにも役立つ。

ハムストリングスが伸びてくればドロップバックとカムアップの準備にもなる。

パタビ・ジョイスがどのような意図でこれらのポーズの順番を決めたのかは知らないし、彼に聞くことはもう出来ないけど、本当に良く出来ているなぁと思う。

コメントする

カテゴリー: Yogi's Talk

2月の宅練10回目

8日連続で練習したので、2日練習休んで今日は朝7時から練習を。

起きてからあまり時間経ってないし、2日空いてるので体は結構硬い。スリヤ・ナマスカーラから立ちポーズまでは体硬いなぁって思いながらこなす。チャトランガからアップドッグのところは意識するようにしてるんだけど、ヴィニヤサ繰り返してると忘れてしまうね。

ウティタハスタは両側ともに安定してやれてた。パスシモッターナサナのところから汗が出始めた。

今日は珍しくポーズの順番を間違えた。ジャヌシルシAをやる前にBの右側を先にやっちゃったので、もう1度Aからやり直す。

マリーチCの左側は1回目の10呼吸でまあまあ捩じれてたので2回目はやらずにマリーチDへ。マリーチDの右側は苦戦せずに指5本繋いだけど、蓮華座に組んでる左足をマットに降ろしたら3呼吸目で指が外れちゃった。まだそこまで深くはやれないってことだね。左足マットに降ろすのは諦めてもう1度指5本繋いで5呼吸。左側もさほど苦戦せずに指5本繋いで5呼吸。左側の方が右側より蓮華座をよりちゃんと組めているから、右足がほぼマットに降りてる。その分安定してやれるよね。

立ったパターンと座ったパターンのアルダバッダでも左右の違いを感じる。左足を蓮華座にした方が浅い。まぁ始めたころは左足蓮華座にして足指掴めなかったからそこからしたらえらい進歩なんだろうけどね。

クルマーサナは足幅をマット幅にすることを意識してやるようにしてるけど、ちょっと広くなってしまう。股関節が柔らかくなればやれるようになるかな。ここまでのポーズを丁寧に練習していくのが一番だろうね。そして顎をマットに降ろして5呼吸。スプタクルマも捩じ込めるだけ捩じ込んで指を繋ぐように頑張ってみたけど、あと3センチくらい足りないように感じる。アシストしてもらえばその3センチが届くってことなんだろうね。自分では見えないだけにちょっともどかしいけど、タオル握って足首クロスして5呼吸。

ガルバピンダからククターサナへの起き上がりは失敗したので腕を解いてククターサナ。

バッダ・コナーサナは後退してるね。顎がマットに降りないので、やれる範囲で5呼吸。

後はさっさと終わらせてバックベンド。1回目から肘伸びてたし、呼吸も滑らかになってきてる。最近足裏押せてるように感じるし。

30呼吸パスシモッターナサナしてフィニッシング丁寧にこなしておしまい。ヘッドスタンドは40呼吸。ほぼ1時間半で練習できた。

汗は途中でそこそこ出たけど、終わらせた頃には髪の毛が少し濡れた程度。まだ寒いのでこんなもんでしょう。2日空いて体硬かったしね。

コメントする

カテゴリー: Self Practice